So-net無料ブログ作成

シュバイツァー博士 [Type 2]

アフリカの原始林で医療と伝道に献身したシュヴァイツァー博士は典型的なType 1寄りのType 2だ。
Type 1寄りのType 2を一言で称すれば、「尽くす人」。

37歳の時に結婚した夫人とは、それこそ「死が二人を分つまで」添え遂げ、公私の両面で充実した人生を送った数少ないType 2である。

Type 2はプライベートな生活に問題を抱える人が多い。人間関係を大事に思い過ぎるが故に、近しい人間とバランスがとれた関係を築くのが苦手なのだ。

Type 2の人たちには、博士のこの自叙伝を読むことを奨めたい。

わが生活と
思想より



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。