So-net無料ブログ作成

女子アナ(その2) [Type 1または8]

同じガッツセンターでもType 9に女子アナが少ないのは、それなりの理由があります。
Type 9も体のコントロールが比較的上手いのですが、人の注目を浴びることを避ける傾向が強いからです。
注目を浴びたくないので、職業としてアナウンサーを目指すType 9はほとんどいません。

女子アナ(その1) [Type 1または8]

今回は特定の有名人ではなく、女子アナをしている女性たちについてのウォッチングです。
アナウンサーは、Type 1または8の女性が圧倒的に多いです。
その理由の一つとして、Type 1と8が属するガッツセンターの人たちは、上手に「しゃべる」能力が高いということが挙げられます。
つまり、ガッツセンターの人は、運動やスポーツのみならず、口を上手くコントロールすることにも長けているということです。口も体の一部ですからね。

落合博満氏(その3) [Type 5]

また、オレ流として知られている通り、独自性を大事にする辺りはタイプ4の要素を持っているのだろう。あからさまに必要以上の人間関係を避ける所が、遊離中の遊離である証拠だ。

聖子ちゃんこと松田聖子(その2) [Type 2]

郷ひろみとの破局の仕方もType 2らしい。

彼女は「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と破局会見で語ったが、郷ひろみ氏は「あんなセリフも言っていない…」とその話し合いすら全面否定。
どうやら聖子ちゃんが一方的に関係を断ち切ったらしい。

聖子ちゃんこと松田聖子(その1) [Type 2]

Type 3よりのType 2である。

Type 2は9タイプ中最も「追っかけ気質」である。
少女時代から憧れていた郷ひろみと交際し、結婚も間近と言われながら破局しているが、芸能界入りのきっかけも郷ひろみであった。
高校1年生の時にミスセブンティーンコンテストに出場したのは、憧れの郷ひろみが全国大会のゲスト審査員であったからである。

落合博満氏(その2) [Type 5]

現役時代も監督になっても常に冷静沈着、頭脳的な野球をするところに、ヘッドセンターの特徴が出ている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。